全国都市緑化よこはまフェア出展施工(第二期作業)

3/7、8で全国都市緑化よこはまフェア出展作品の第二期作業を行った。
この2日間で95%は仕上げなければならない。


第一期工事の4日間で大枠は出来たが、ここからさらに装飾を加えていく。


植木やオブジェを荷下ろし。

菅野は緑化パネル(タカショー:アートキャンパス)の植物を植えていく。
草花だけで無く、レタスなどの野菜苗も植えている。これが以外と面白い色合いになって、
通りがかりの見物人からも既に好奇の目で見られていた。


風力発電機のスパイラル風車をてっぺんに設置。重くて大変!


枠の上には風力発電機とソーラーパネル2枚を設置。
緑化パネル2枚も吊り下げ完了。こちら面は北側なので人工芝、正面は植物を植えてある。


上から。植栽作業中。

浅見が緑化パネルに灌水している。
オブジェや噴水の動作チェック完了。

後藤は外側の一角にアクセントの小端積み(ネグロストーン)を施している。
時間が限られているので大変だ。

作業は退場時刻ギリギリの19時まで続いた。皆へとへと。

風力発電機の風車が”みなとみらい”の風景に意外とマッチしている!


ちょっと仕上げが残ってしまったが、形にはなった。あと一息。

ワールドポーターズのネオンがアーバンライフガーデンの借景となっているのがおもしろい。
くじで引いた場所にしては恵まれた条件かも知れない。(3/9 木下)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です